トップ / 女性の医師が多い科とは

女性の医師が多い科とは

女性医師としての役割

女性の医師の仕事について

男性の職場のイメージが強い医師の世界ですが、女性の多い科には、次のような科が挙げられます。まず、産婦人科です。デリケートな悩みや不安などは、やはり同性である女医の方が良く理解、共感しやすいという特徴があります。そのため、患者さんも女医のいる病院を選ぶ方も多いのが現状です。次に、皮膚科です。近年は美容皮膚科の需要が高まっていることもあり、女医が多く活躍されています。最後に、眼科です。眼科は緊急オペなどが入ることもなく、育児や家事などの家庭とも両立がしやすく、女医が多い現場です。

医療法制

女性医師にみてもらえるメリット

最近は婦人科系の病気が増えてきているといいます。子宮頸がんや卵巣がん、また特に乳がんは羅患率がとても高くなってきています。そのような病状で病院に行って診察を受けるとき、診てもらうのに抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。でも女性医師であれば診てもらいやすく、わざわざ女医さんを探して病院を選ぶ人もいます。また同じ性別だからこそ分かってもらえる事もあるかと思います。自分の病気を安心して任せられるお医者様が見つかるといいですね。

↑PAGE TOP