トップ / 医師に転勤はあるのか

医師に転勤はあるのか

医師の転勤について

医師における転勤事情

医師が転勤をする理由は様々です。まず、キャリアアップのために別の病院、あるいはクリニックなどに移ります。条件が良いところに移っていくというのは、医師の世界でも同じことだと言えます。次に、家から通いやすいという理由です。医師という職業は、科によって忙しさは異なりますが、基本的に毎日忙しい日々を送ることになります。そのため、家族との時間を出来るだけ取れるように、あるいは体力を回復させやすくするためなど、家から通いやすいというのは大きな理由の一つになります。

医療法制

内科の医師が小児科へ転勤する

内科の医師が小児科へ転勤すると、子供好きになる、やりがいがあるなどの長所が存在します。小児科の患者は子供ばかりですが、仕事のため通っていると、自然と子供達のことが好きになります。そして、次第にやりがいも感じるようになっていきます。短所は連休明けと月曜日の午前中が忙しいことです。子供の手をつないで親子が沢山やってくるため、人手が足りないと感じても不思議ではありません。午後になれば訪れる患者数も減るため、医師は手を休めやすくなります。

↑PAGE TOP