トップ / 医師が行う残業に関して

医師が行う残業に関して

医師の残業時間は

病院勤務の医師残業について

病院勤務の医師の勤務について、病院勤務の医師には特別なことがない限り基本的に残業はありませんが、緊急患者及びオペが長引いてしまうと、残業をしなければなりません。また緊急で患者様から連絡を受けた場合は、仕事をしなければなりません。その他には論文、手術の症例等の作成である時があります。また、このほかにも担当医が欠勤、出張等により人員が不足してしまうと、その人の仕事を対応しなければなりませんのでその時は長時間働くことになります。

医療法制

医師の残業時間はどれくらい

残業とつく時間はそれほど多くはありません。日勤業務のあとそのまま当直に入らざるを得ない医師は多く、それは残業時間というより通し勤務として処理されています。もちろん当直の後はそのまま当然のごとく夕方まで勤務です。勤務時間は定められていますので、その後は急変対応がない限り残務処理はありません。医師は研究日というお休みを取りますが、その際に他病院でアルバイトも暗黙の了解で認められています。研究する目的で、アルバイトに行くということなのでしょう。

↑PAGE TOP