トップ / 医師も副業が可能である

医師も副業が可能である

医師の副業について

基本的には出来る医師の副業

医師は副業する事は就業の自由から禁止はされていません。しかし常勤する病院によってはそれを禁止を規定にしている事があるので注意が必要です。 仕事を掛け持ちするにあたって現在において医師としての能力を活用するのであれば他のクリニックや病院に短時間だけアルバイト勤務をすると言うケースが相当の数いるのが特徴です。 因に研修医の場合もかつては同様でしたが今は医療ミスの恐れの面等で新臨床研修制度により規制がされ年間で360万の保証をつけバイトをしなくても生活出来る様になっています。

医療法制

医師も副業が可能なのか

医師が副業というと何か違和感がありませんか。実際には職種によって制限されるものではなく、勤務先の就業規則に従うということになります。医療雑誌や論評の原稿書きとか、講演などもそれにあたるのでしょう。これは収入アップというよりもスキルアップのためのものが多いようです。また医師不足の深刻な場所においては非常勤者を募集している所も多いようです。可能であれば非常勤として複数の医療機関を掛け持つということもできます。

↑PAGE TOP