トップ / カテーテル治療の方法

カテーテル治療の方法

カテーテルの治療

カテーテル治療とは一体

狭心症や心筋梗塞などで苦しむ患者様に対する治療方法として、従来では、投薬による薬物治療か、症状が重い場合には胸を切開して大がかりな外科手術となる冠動脈バイパス術が一般的でした。これに対し、近年著しい進歩を遂げているのがカテーテル治療です。この方法では、胸を切開することなく治療できるため、患者様にとって痛みが少なく、入院日数が短縮されて早期の社会復帰が可能になるというメリットがあります。また、経済的負担も少ないことから、現在においては冠動脈疾患治療の主流になっています。

医療法制

冠動脈治療が終了した後は

冠動脈治療が終了したらカテーテルを入れた穴からの出血を止めます。通常は医師の手で圧迫して止めるのですが、専用の特殊な器具を使用して止める方法もあります。患者様には、出血が止まってからも再出血しないように安静にしていただくようにします。ただし、長い安静時間に対して我慢できない場合には、先に挙げた専用の特殊な器具で止血すると安静時間は短くても大丈夫です。体への負担をできるだけ軽減するカテーテル治療の裏では、医療技術に関する研究や開発が行われていたのでしょう。医療技術の進歩について、今後の飛躍を祈念しています。

↑PAGE TOP